Inbound Business

訪日外客数 推移

日本政府観光局JNTO のデータによると、2020年外国人観光客はおよそ4,000万人と発表されております。

2018年度地域割合

外国人観光客の割合として中国、韓国、台湾、香港から訪日で約75%近くを占めております。中国語、韓国語を活用したプロモーションの重要性が伺えます。

2018消費額統計

中国が1兆5,370億円(構成比34.1 %)と最も大きい。次いで、韓国5,842億円(同13.0%)、台湾5,839億円(同13.0%)、香港 3,355億円(同7.4%)、米国2,890億円(同6.4%)の 順であり、これら上位5カ国・地 域で全体の73.9%を占める。

費目別消費額

買物代が34.7%と最も多く、次いで宿泊費(29.3%)、飲食費(21.7%)の順で多い。 前年に比べ、宿泊費と飲食費の構成比が1%ポイント以上増加し、買物代の構成比が2.4%ポイ ント減少した。

一人当たり旅行支出

2018年の訪日外国人(一般客)1人当たり旅行支出(速報)は15万3千円と推計される。 費目別にみると、買物代(5万1千円)が最も高く、次いで宿泊費(4万6千円)、飲食費(3万4千 円)の順で高い。

OUR SERVICES

海外旅行者へガイドサービス、日本国内へは集客プロモーションサービスを提供いたします。

集客プロモーション

海外インフルエンサーを起用したプロモーションプラットフォーム

お仕事依頼はこちら